home研究内容業績メンバー紹介アクセス・お問合わせ

先端医科学研究所 遺伝子制御研究部門について 癌を中心とする難治性疾患の予防・診断・治療に貢献

先端医科学研究所遺伝子制御研究部門は、平成19年1月1日に、熊本大学大学院医学薬学研究部腫瘍医学分野より佐谷秀行が初代教授として就任し、始動いたしました。新しい教室ではありますが、国内外の大学から癌研究に熱意あふれる研究者が集まり、日夜活発な研究活動を行っています。先端的な基礎研究で培った知識と技術を臨床医学に応用し、癌を中心とする難治性疾患の予防・診断・治療に貢献すること、そして医学生物学の発展に貢献できる人材を育成することが教室に与えられた責務であると考えています。

医学部 医学研究科 先端医科学研究所 遺伝子制御研究部門 医学博士 佐谷 秀行 教授
  

プロジェクト一覧

  • Team Leader : Shinji Kuninaka, MD, PhD
    Regulation of mitotic exit
  • Team Leader : Osamu Nagano, DDS, PhD
    Role of CD44 in cancer stem cells
  • Team Leader : Yuriko Matsuzaki, PhD
    Fish (Medaka) melanoma model
  • Team Leader : Yoshimi Arima, PhD
    EMT and microenvironment
  • Team Leader : Takatsune Shimizu, MD, PhD
    Osteosarcoma iCSC model
  • Team Leader : Eiji Sugihara, PhD
    Leukemia iCSC model
  • Team Leader : Oltea Sampetrean, MD, PhD
    Glioblastoma iCSC model
  • Team Leader : Nobuyuki Onishi, PhD
    Development of human iCSC

最新研究内容

2013/06/20癌幹細胞マーカーCD44の機能解析

永野 修 接着分子CD44とは CD44はヒアルロン酸をはじめとする細胞外マトリックスと結合する接着分子であり、1.リンパ球ホーミング、2.リンパ球活性化、3.細胞-細胞間接着及び細胞-基質間接着、4.細胞運動、5.癌細胞増殖・転移などに深く関与している。そし[続きを見る]